このホームページは管理人のyama3[詳細プロフィール]が毎日のお弁当手作り料理手作りパン大食い食べ放題のことなど基本的には「食べもの」に関することを取り上げて、掲載しているホームページです。

大松食堂/特盛りカツ丼

写真
写真をクリックすると拡大して表示します。

場所

372-0001 群馬県伊勢崎市波志江町3182
最寄り駅:伊勢崎
伊勢崎駅からタクシー利用で約10分

制限時間

特になしまたは10分

リスク

特になし

料金

2000円(ただし10分以内に食べると無料)


デカ盛りレポート 作成日: 2006/10/21

群馬県伊勢崎にある「大松食堂」に行ってきました。ここではご飯7合使った特盛りカツ丼を食べることが出来ます。

事前予約が必要です。前日までに特盛りカツ丼を食べる場合は連絡しておきましょう。他のメニューは特に予約はいりません。

ただこのお店はデフォルトで量が多いです。普通盛りの写真をみていただければわかると思いますが、普通のお店の特盛りサイズくらいで提供されます。お店の人に聞いたところ、やはりそれくらいの重量で作っているとのことでした。
なのでハーフサイズも提供されています。ハーフサイズでも十分満足できるので自信がない方はハーフサイズで注文なさるといいと思います。
個人的には普通盛りは平均して成人男性が満腹になる量だと思います。ちなみにこの普通盛りですが、ご飯とカツの割合が1:1でして、カツの味付けが結構濃いので逆にご飯が足りないくらいです。
そういう時のために丼すり切りいっぱいにご飯が入った大盛りも用意されていますとのことなので、ご飯が足りないと思った方は大盛りを注文してください。

ところがその普通盛りと特盛り天丼を比べるとその違いに驚愕します。カツの量は普通盛りと大してかわりはありませんが、ご飯の量は何倍にもなります。何せ7合のご飯ですから。
ただカツとご飯の割合が悪いので、いくら味付けの濃いカツとは言えどもご飯が足りません。なので私は普通盛りのカツ丼をおかずにして特盛りカツ丼を食べました。
個人的にはご飯につゆをかけてくれれば食べやすいのにと思いました。これではカツ丼ではなくカツ定食ですからね。

ちなみに特盛りカツ丼に使われる器は創業当時のものを使っています。30年以上前からこのメニューをやっているそうです。その当時の丼をそのまま使うというところにまた深い味わいを感じました。